卓球大会タイトル
  • 日  時  令和元年6月23日(日)
  • 場  所  川崎学園総合体育館
  • 参加者  14病院 89名 ・ 委員 10名



 今年の大会は、例年になく梅雨入りが遅く湿度が低く涼しい1日であった。
 8時40分から開会式が行われた。福祉厚生委員会高木啓司委員長の開会挨拶、優勝杯返還並びに事務局からの体育館利用上の注意事項と福祉厚生委員水嶋光幸競技委員長による競技上の注意があった後、前年度優勝チームの榊原病院・大谷太陽選手の選手宣誓で大会が開幕した。

 会場となった川崎学園総合体育館は耐震工事が終わり、真新しく明るい会場で気持ちよくプレーすることができた。
 チーム戦は14チーム85名で4ブロックに分かれて予選を行い、個人戦はシニア・女子混合の総当たり戦で行われた。午後からは決勝トーナメントと並行して予選2位以下のチームのトーナメントを行った。
 個人戦はシニア・女子混合の部に4名が出場し、熱戦が繰り広げられた。


 チーム戦の試合結果は、岡山医療センターが50年の時を経て優勝、榊原病院Aチームが準優勝、水島協同病院と倉敷中央病院が3位であった。個人戦の結果は、岡山県精神科医療センター熊倉勇選手が優勝、まび記念病院萱野怜衣選手が準優勝であった。
 表彰式に続き、杉本雅俊福祉厚生副委員長による閉会の挨拶で大会は無事閉幕した。

 末筆になりましたが、会場を提供していただいた川崎学園関係者の皆様に感謝するとともに、厚く御礼申し上げます。
(福祉厚生委員 武政 洋)


  チーム戦

優勝
岡山医療センター チーム
準優勝
榊原病院 Aチーム
3位
水島協同病院 チーム
3位
倉敷中央病院 チーム

  個人戦 シニア・女子混合戦の部

優勝
熊倉  勇 選手(岡山県精神科医療センター)
準優勝
萱野 怜衣 選手(まび記念病院)
3位
池田  明 選手(水島中央病院)

  チーム戦・ブロック予選 2位 チームトーナメント

優勝
川崎医科大学総合医療センター Aチーム
準優勝
川崎医科大学附属病院 チーム
3位
岡村一心堂病院 チーム
3位
さとう記念病院 チーム

  チーム戦・ブロック予選 3位・4位 チームトーナメント

優勝
榊原病院 Bチーム
準優勝
佐藤病院 チーム
3位
重井医学研究所附属病院 チーム
3位
川崎医科大学総合医療センター Bチーム

組み合せ・対戦表
アンケート結果



チーム戦入賞者の皆さん

優勝:岡山医療センターチームの皆さん 準優勝:榊原病院Aチームの皆さん
(Bチームの皆さんと共に)


個人戦入賞者の皆さん

左から、優勝の熊倉さん 準優勝の萱野さん
第3位の池田さん 第4位の川本さん