• ホーム
  • 新型コロナウイルス感染症対策

「岡山県病院協会新型コロナウイルス感染症対策本部」の設置について


 会員病院の皆様には新型コロナウイルス感染症の国内流行に当たり、ひとかたならぬご尽力をいただいており、心から敬意と感謝を申し上げます。
 この度、新型コロナウイルスの感染拡大に備える改正新型インフルエンザ等対策特別措置法が成立し、3月14日から施行されたところです。
 これを機に、「岡山県病院協会新型インフルエンザ等対策業務計画」に基づき、当協会事務局内に、標記対策本部を3月14日付けで設置いたしました。
 上記業務計画では、対策本部は、当協会会長を本部長、副会長を副本部長、医療対策委員会委員(会長及び副会長を除く。)を本部員とすることにしております。
 この対策本部において、国、県及び医療関係団体と相互に連携協力し、感染拡大の可能な限りの抑制に向けた対策を講じたいと考えておりますので、会員病院の皆様におかれましては、対策本部設置にご理解のうえご支援、ご協力いただきますようよろしくお願いいたします。
 なお、対策本部の構成員は別紙のとおりです。

  追記
  3月17日に、岡山県知事に対して、医療用マスク、消毒用アルコール等の医療資材について、「帰国者・接触者外来」を担う病院を中心に地域の一般病院に対しても、確保・提供していただくよう緊急要望をいたしました。(緊急要望書
 (出席者)
 < 岡山県 > 中谷保健福祉部長、則安参与、下野間医療推進課長、犬飼医療推進課総括参事
 <病院協会> 難波会長、重井副会長、佐能専務理事、中山事務局長

令和2年3月18日