第32回 病院職員バレーボール大会

日  時
平成30年9月9日(日)
場  所
川崎医療福祉大学・川崎医療短期大学体育館
 
参加チーム
 病院   名

瀬戸内市民病院三連覇!

 

  今年で31回目を迎えた本大会では、試合に先立ち髙木福祉厚生委員長の開会挨拶、優勝杯・準優勝杯の返還、福祉厚生委員・水嶋競技委員長から大会注意事項等の説明の後、昨年優勝の瀬戸内市民病院・石黒睦子キャプテンによる選手宣誓が行われた。

試合は、各地区予選を勝ち抜いた21チームと昨年度優勝・準優勝・第3位の3チーム計24チームが、2会場8ブロックに分かれ予選リーグを戦った。
 昨年より涼しい環境での大会となったものの、選手のプレーや応援の熱気は昨年に負けない熱気を帯びていた。
 決勝トーナメントは8チームで行われ、決勝戦は、勝利すれば大会3連覇の瀬戸内市民病院と13年ぶりの優勝を狙う水島中央病院の対戦となった。結果は瀬戸内市民病院が見事3連覇を果たし、第29回大会から続く優勝記録を伸ばした。      

       
 表彰式の後、杉本福祉厚生副委員長の閉会挨拶で大会は終了した。

 最後に、今大会開催にあたり、会場・設備を提供いただいた川崎学園のご好意に厚く御礼申し上げます。

 

(福祉厚生委員 安田幸祐) 
 line line
<決勝トーナメント>
優勝 瀬戸内市民病院
準優勝 水島中央病院
3位 笠岡第一病院
倉敷平成病院



  line line
<予選リーグ>
ブロック 1  位 2  位 3  位
瀬戸内市民病院 岡山旭東病院 倉敷成人病センター
岡山済生会病院 落合病院 高梁中央病院
笠岡第一病院 津山中央病院 赤磐医師会病院
岡山赤十字病院 松田病院 チクバ外科病院
倉敷平成病院 玉野三井病院 岡村一心堂病院
北川病院 藤田病院 さとう記念病院
水島中央病院 長谷川紀念病院 国定病院
玉野市民病院 倉敷紀念病院 勝山病院

優勝:瀬戸内市民病院 準優勝:水島中央病院
3位:笠岡第一病院 3位:倉敷平成病院

アンケート結果